アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです

2014年01月07日

シューター咲夜コス オークリータイプヘッドドレス製作

 冬休暇中にやると言っていたヘッドドレス製作のレポートになります。

 用意した材料はこちら。

良さげな布と糸、針。チャコペンと市販のヘッドドレス。
オークリーのサングラスは、ロゴの目安のために用意しました。

 市販のヘッドドレスはカチューシャ部分のみ使います。

ヘッドドレス部分は分解。簡単に作りを調べてみました。

同じように作っても良かったのですが、製作予定のデザインはフリル部分が黒と白のモノトーンになる予定です。
(スナいプ 様作)
ちょっとした案があったため、こちらのサイトを参考にさせて頂き、この方法で製作することにしました。


 作業の開始です。

まず、布から4.5cm幅で帯を切り出しました。黒が2枚と白が1枚です。

その黒と白の布を繋ぎ、1枚の布のようにします。
 
 
帯を重ねて縫うだけです。裏返して縫い代を広げてアイロンがけをすると、一枚の布のように見えます。

同じように3枚を繋げ、半分に折ります。
 
これでヘッドドレスのフリル部分の生地が完成しました。


 次は、フリルの土台部分を作ります。

生地の繊維に沿って斜めに切り出すと、伸びに強くカチューシャの曲線にそいやすくなります。これをバイアスを取るというそうです。

長さが足りなかったため、2枚を写真の様に繋ぎます。
  
このように繋げないとバイアスを取った意味が無くなってしまうそうです。
横に引っ張ってみると、普通に生地を引っ張った時より良く伸びます。

端末の処理をして、土台は完成。
  
長方形の一辺が若干歪んでしまっているのですが、仕上げの段階で調整できるのでOKです。


 フリル部分を作る前に、オークリー的なロゴを生地に入れます。
 
最初は刺繍にしようと思っていたのですが、使わない生地で練習してみたらあまりにも酷い出来になってしまいました...
これではオークリー的なロゴが刺繍できるようになるのはいつになるかわかりませんw

妥協策として、アイロン転写シートを使うことにしました。
 
 
白生地用、白・カラー生地用の2種類があったので、両方試してみました。それぞれ使い方が違うため、裏返して張り付けたりしてアイロンが大惨事になったりもしました。

 無事、フリル部分の生地にロゴ入れ完了。

1枚目は欠けてしまったので、2枚目を重ねて貼り付けました。
ぶっちゃけ説明書には重ね張りしないでと書いてあるので、今後剥がれやすくなってしまったかもしれません。
重ね張りのせいで、中央部分の白抜き部分も若干黄ばんでしまいました。まあ、当分はよさそうです。


 フリル部分を作成。フリル少な目にするため、50cmで生地をカット。
 
 
参考にしたサイトでは、ロックミシンをかけた後、ギャザーを寄せるとあったのですが、上手くいかなかったので、躾け色(ピンク色の糸で仮止めした部分)を寄せてフリルを作ることにしました。
これだけでも大分らしく見えますね。


 土台の部分を仮止めして、カチューシャに通るかチェックします。
  
この後、ミシンで本縫いして、遂に完成です。
  
今更ですが、タクティカルな生地で作りたかったなぁとか思ってます。が、一応はこれで完成!


 大分良い具合に再現できました!
最後に、製作状況の確認になります。

済・ 十六夜咲夜 ウィッグ (購入済)
済・ OAKLAY Head Dress (製作完了)
済・ MAGPUL DYNAMICS ポロシャツ (SML購入済)
△・ OAKLAY Factory Pilot Glove (M購入済。S注文済)
済・ ARES GEAR Ranger Belt (購入済)
済・ WOOLRICH Tactical Skirt (製作完了)
△・ OAKLAY Knee Socks (製作完了。ブログ記事UP待ち)
△・ ARC'TERYX Knee Caps (注文済)
済・ MERRELL MOAB GORE-TEX XCR (購入済)

 ※ 銃及びスリング、ホルスタ、ポーチ関連は省略。
(銃等はお好みのものを使用していただく形でもコスとしては成立すると考えました。サバゲをされるレイヤー様に超期待)  


Posted by PhysisKITE at 12:59Comments(0)コス製作

2013年12月21日

シューター咲夜コス 製作計画 進捗状況③

 私は、やろうと思ったことはそう思った瞬間からとことんやる人です。
しかし、若干飽きっぽいところがあって、次々にやりたい事が出てくると過去のやりたいことの優先順位はどんどん下がっていってしまい...という感じで、この企画も半ば放置されてました。



 ただ、折角原画を描かれたスナいプ様から許可まで頂いているのに、このまま放置というわけには絶対いきません。
個人的にも、いくら飽きっぽいとはいえ製作途中のまま放置するのは気分が悪いですしね。

(Beta ACR GBB? 申し訳ない、アレは諦めさせて下さい... WEから出た時点で完全に心が折れました...)


 ということで。現状の製作状況がどういったものになっているかの確認からはじめたいと思います。

 

  ・ OAKLAY Head Dress / 素材を入手
済・ MAGPUL DYNAMICS ポロシャツ (SML購入済)
済・ OAKLAY Factory Pilot Glove (M購入済。今後Sを買うかも)
済・ ARES GEAR Ranger Belt (購入済)
済・ WOOLRICH Tactical Skirt (製作完了)
  ・ OAKLAY Knee Socks
  ・ ARC'TERYX Knee Caps
  ・ MERRELL MOAB GORE-TEX XCR

 ※ 銃及びスリング、ホルスタ、ポーチ関連は省略。
(銃等はお好みのものを使用していただく形でもコスとしては成立すると考えました。サバゲをされるレイヤー様に超期待)

こんなところです。


 さて、これからまた製作と調達の作業に戻るのですが、問題が一つ。
ポロシャツやSocks、Gloveはフリーサイズなのでいいのですが、靴のサイズ、これはどうにもなりません。

そこで、このwikiを参考にさせて頂いて、公式の「咲夜」というキャラクターはどのくらいの身長・体格なのか調べてみました。

まあ、結局大体しかわからなかったのですが。
「10代の少女」「おそらく157cm前後」というキーワードで良さそうです。

ただ、今回はキャラの再現というよりも、コスとしての製作になるため、その身長のまま製作してしまうのは良くないだろうと思いました。
ということで。「160cm前後の女性」をターゲットにしてコスの製作を進めたいと思います。

(あんまり公式と変わらないって? だって私自身の身長が低めだからあんまりターゲットの身長を上げるとコンプレックスを感じるんだ...)


 ともかく、これで靴のサイズも自ずと絞れてきます。

MERRELL MOAB GORE-TEX XCR。サイズ25.0cmの実物。購入。
あえて男性用の一番小さなサイズを選びました。
なぜなら女性用だとカラーリングが原画と違うからです。

 続いて、女性の手にはMは大きいだろうという話を聞いたので...

OAKLAY Factory Pilot Glove。Sサイズを注文。実物です。
思ったのですが、これ11000円もしました。Mを購入したときは3000円程度だった気がするので、おそらくMはレプリカだったのですね。
危ない危ない(何がだろう)。

 さらに、ARC'TERYX Knee Caps。

新旧とあるようですが、新型のBKを購入。もちろんのこと、実物です。
思ったよりも高くなかったので、自分用にも一つ買おうかしら。

 一番大事なものを今まですっかり忘れていました。

咲夜ウィッグ。購入。


 と、ここまで来たら、残るは2つです。
・ OAKLAY Head Dress
・ OAKLAY Knee Socks
OAKLAYからは上記2つは販売されていない。ということは、製作しなければいけない物品になります。

 Head Dress はまあ、なんとかなるでしょう。

 問題はKnee Socksです。
どうしたらあの伸縮するエロい物体にオークリーのロゴをぶち込むことが出来るのでしょうか。
ぶっちゃけ靴のサイズとこの問題で製作が積んでました。

ホントどうしたものか...


 最後に再度製作状況の確認をば。

済・ 十六夜咲夜 ウィッグ (注文済)
  ・ OAKLAY Head Dress
済・ MAGPUL DYNAMICS ポロシャツ (SML購入済)
済・ OAKLAY Factory Pilot Glove (M購入済。S注文済)
済・ ARES GEAR Ranger Belt (購入済)
済・ WOOLRICH Tactical Skirt (製作完了)
  ・ OAKLAY Knee Socks
済・ ARC'TERYX Knee Caps (注文済)
済・ MERRELL MOAB GORE-TEX XCR (25.0cm注文済)

 ※ 銃及びスリング、ホルスタ、ポーチ関連は省略。
(銃等はお好みのものを使用していただく形でもコスとしては成立すると考えました。サバゲをされるレイヤー様に超期待)
  


Posted by PhysisKITE at 20:08Comments(0)コス製作

2013年01月04日

タクティカルスカート製作 サイドスリット化

 昨日グダグダ言っていたサイドスリット化。
ちゃちゃっと完成、これで原画により近くなったはず!


 加工前の状態。

バックスリットになっているので、サイドスリット化。
加えて、ちょっと長すぎる気がするので、短くします。


 まず、原画には無かったポケットを取り外します。
  
縫い目が固く、跡が残ってしまいました。

 裾をバッサリ切ります。

ここからもう一度裾を折って作るので、5cmほど短くできます。


バックスリット部分の縫い目を解いて、糊となる布をはずします。


サイドスリットにする部分は、縫い目を解いておきます。

 
例によって、解いた糸は精製して使います。

 ここから本格的に縫っていきます。

  
バックスリット部分は、余分な所を切り落とし、縫ってからアイロンがけ。

 サイドスリット部分がほつれないよう、ロックをかけます。
 
ロックミシンじゃなくても、似たような縫い方はできるんですね。

 サイドスリットを縫って固定。
  
サイドスリットより上の部分は、解れてきてしまうので縫って固定。

 裾を作ります。
  
完成ラインをマーキング、1cm程折った後、もう一度折ると裾になります。

 最後の工程。裾を縫います。
 
仮縫いし、アイロンをかけておくと縫いやすくなります。


 完成!
 
スリットは5cm、短かったかも。たけの長さはちょうど良くなったかな?
ポケットを取った跡が消えないのは仕様です。なんとかならないかしら。


チラッ。


 と、いうことで。
無事に完成したので、進捗状況表の更新です。


  ・ OAKLAY Head Dress / 素材を入手
済・ MAGPUL DYNAMICS ポロシャツ (S・M・L)
済・ OAKLAY Factory Pilot Glove (M。今後Sを買うかも)
済・ ARES GEAR Ranger Belt
済・ WOOLRICH Tactical Skirt
  ・ OAKLAY Knee Socks
  ・ ARC'TERYX Knee Caps
  ・ MERRELL MOAB GORE-TEX XCR

 ※ 銃及びスリング、ホルスタ、ポーチ関連は省略。
    レイヤーさんが普段使い慣れた銃を使っていただくということで。  


Posted by PhysisKITE at 23:56Comments(0)コス製作