アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです

2016年09月18日

さよならLVOA-C

 ついこの前買ったばかりな気のするLVOA-Cなのですが、オークションに出してしまいました(現在すでに落札済み)。

一緒に使おうと思っていたパーツも含めて、落札価格48000円。
一度も撃っていないとはいえ、開封済み中古でこの値段なら、まだ次に繋げられるでしょう。

 というのも現在、銃を含めた私の装備は、小さく小さく・軽く軽く・無駄を省き動きやすい装備へとアップグレードを繰り返しています。
理由は、ゲーム中の体力の問題であったり、フィールドまでの移動間の荷物の大きさであったりと、いくつかあります。

 その過程で、LVOA-Cは長く重たい、流れに逆らう銃だったわけです。
「なら何で買ったんだよ!」というと、「コスタが使っててかっこよかったんだもん!」それだけですw

買った当初は、ゲーム「The Division」に出てくるカスタムを再現してやろうかなと考えていたりしたのですが、必要なパーツが現在ほぼ流通していなのが大半を占めていたりと、心が折れてしまったというのもあります。
いくつかの店に注文したパーツが、流通在庫切れでほとんどキャンセルされちゃうんだもんなぁ......
まあ、必要なパーツも多く、お金も相当かかりますしね。

 もちろん、ただ使わない銃を売っぱらっただけではありません。
これを元手に、新しい銃の購入を考えています(もちろん、現状のコンセプトに沿った銃を)。

 何を買うか、どういうカスタムをするかは既に決まっているのですが、それはまた次の記事に……  
タグ :KRYTACLVOA-C


Posted by PhysisKITE at 13:04Comments(0)プライマリKRYTAC LVOA-C AEG

2016年07月03日

KRYTAC LVOA-C

 以前からカッコいいカッコいいと思っていたのですが、所謂ボーナスという存在のせいで、つい手が伸びてしまいました。
 
購入を渋っていた理由に、色の選択肢が少ないことがありました。
が、LayLax Limited EditionはDE、そして日本国内500丁限定と聞いて、釣られクマーすることに。

 弾速は十分すぎるかな? 

後は集弾性を見て、信頼できるポップパッキンにしようか考えています。

 とりあえず、一緒に購入しておいたバンジーコードを取り付け。
 
某ヒゲの人のおかげで、これがないとLVOAっぽく感じないんですよね。

 今後は、こんな感じの配色で外装をカスタムしてきたいと考えています。

が、お金がないからしばらく先の話になりそうです。  
タグ :KRYTACLVOA-C


Posted by PhysisKITE at 18:13Comments(0)プライマリKRYTAC LVOA-C AEG