アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
QRコード
QRCODE

2012年01月15日

便利な工具(内容ほぼ無し)

 うーむ、この記事の目的は......

「私みたいなド素人でもこんなちゃちぃ道具でトイガンを分解したり組みなおしたりできるからみんなもやってみようぜ!」

......っていう感じだったりなかったり。

 というか昨日工具について書くとか書いてしまったけども、ぶっちゃけ冷静になってみればそんな書くようなことはありませんでした。どうしよう。


 取り敢えずは、前回記事のACRの分解結合に使った道具紹介。

① ドライバー類

見ての通り安っぽいです。100均...? 違ったかも。
このサイズでは力を込めて締め付けるようなことには当然向きません。
ちゃんとした高い工具を買いましょう。

が、小さいがゆえに鞄に忍ばせてゲームに持っていくことは簡単です。
サバゲ中の故障時、このドライバーに何度助けられたことか。
取り敢えずこの写真のドライバーで回せなかったネジ類は今までありませんでした。皆もフィールドにひとつ持っていくといいかも。


② 六角レンチ

これはミリ・インチ両対応の六角レンチツールです。これはガチで便利。
家でカスタムする時もフィールドでとっさの修理をする時も、これ一つで大抵の六角ネジに対応できます。ミリのほうが圧倒的に多いですが。
ホームセンターで簡単に入手できるのでいかが?

ただグリップの中などに使うには長さが足りないので、これとは別に、倍くらいの長さの六角レンチセットを持っておくといいです。ミリがいいかな?


③ ACR用バネピン抜き


さて、これは何かというと......

 ↑ 昨日のこの作業をした際に使った道具です。ピンポンチの代用ですね。

私の場合、近くのホームセンターには手ごろなピンポンチがなかったため、適当なステンレス棒と金属用糸鋸を一式買ってきてこれを自作ました。

ぶっちゃけできればピンポンチを買ったほうが確実で安いです。
ですが、見つからなければ自作でも十分使える道具ができますよーということで。皆は真似しなくていいです。
ちなみにハンマーはそこら辺にあった木材で叩きました。ゴムハンマーが手元になかったので......できれば買いましょう。


④ その他

ラジオペンチとかニッパーとか、今まで買ったパーツについてきた単品六角レンチとか諸々......工具はいくつあっても良いと思います。便利ですからね。



 さて、写真も適当な物が見つからないくらい本格的に書くことが無くなったのでまとめ。

1.工具は良いものを買ってそれを使いましょう!
2.それとは別によく使う工具をフィールドに持っていく用で準備しましょう!


 次の記事は私のプライマリM4についての記事にしますかね。
ちなみに次回ゲーム日は1/29(日)のSPECIAL FORCE定例会予定です。でわでわ。  
タグ :工具


Posted by PhysisKITE at 16:59Comments(2)その他のカスタム

2012年01月14日

ACRの鬼弱ポップ改良

 さて、どうも、私です。
今回はこのブログを始めようと思うきっかけになったカスタム、MAGPUL PTSが誇るACRのポップ改良の話です。

(ゴチャゴチャしててごめんね! 現在とは少し違うカスタム。ステッカーは自作品。実物ステッカーを見つけた瞬間光の速さで張り替えました)

 このACR、私の所有する個体はどうもポップが弱い。
どのくらい弱いかというと、よく言うポップ弾道、一度浮き上がってまた落ちるという弾道がおきないくらい弱いです(MAXポップ)。

浮き上がらずに直線的に飛び、落ちるという弾道。
正確に測定したことはないのですが、有効射程20m行っていないのでは? という感じでした。

 で、まずネットで色々調べてみれば同じような境遇の方がいるもんですね。私も、同じように改良してみました。

 ちなみに、実際にこの改良を施したのは今から半年ほど前だったり。
上の写真もそうですが、いろいろ現在の銃の状態と違ってたりします(新しく写真撮れよ!って感じですが)。


 さて本題です。今回のこの改良、分解からです。

① ポップチャンバーブロック(仮名)の根元にある2本のバネピンを抜きます。固い。ピンポンチがあればそれで。私は自作の工具で叩き抜きました。


② 次、QDスリングポイントやらネジやらを抜き、ポップチャンバーブロックを外します。フレームがゆがんでますが、新しいものと交換してあります。


③ ポップチャンバーブロックにあるポップ調節ダイヤルとポップチャンバーを押さえるパーツを取り外します。


④ ポップチャンバーを押さえるパーツのうち、8の字のパーツの上下を入れ替えます。何が変わるかというと、チャンバーを押さえる部分が多少縦に長くなります。これでポップが強くなるハズ...ということです。
 → 
(バリがあったため、それはニッパーで切除しました)

⑤元通りに組み上げます。完成!


 さて、完成して実射をしてみたのですが、確かにポップはかかるようになった.....かもしれない。
という程度にしか変化はありませんでした。残念。

 そこで、さらにもう一度分解。

⑥ チャンバーを押さえる部分にビニールテープを貼り、アロンアルファで固めました。


 明らかに応急処置臭のする荒治療ですが、効果は抜群でした。
どうも平行に加工できていなかったのか、若干右に弾がそれるようになりましたがゼロインでどうとでもできる量。OK。
飛距離については少なくとも有効射程30mは確認しましたOKOK。

 この加工をしたことによって、ダットで狙いをしっかりつけているのに、弾がすべて下に飛んでいくという現象を解消。
ゲームで普通に使える銃にすることができました。やったね!


 次の記事ではこの改良するにあたって、またACR分解に必要になった工具の紹介をしましょうかね。
明日にでもUPかな?

BGM「Nyanyanyanyanyanyanya!」ニコ動より。「iciko」様の歌ってみた  


Posted by PhysisKITE at 14:58Comments(5)プライマリPTS ACR AEG

2012年01月09日

1月8日のゲームレポート

 昨日はSPECIAL FORCEの定例会に参加させていただきました。
2012年Chicks撃ちはじめですね。

 参加したのは雑学王と私。


雑学王が新しいマントっぽいものを買ったと言ってたのですが、写真を撮るのを忘れるという。

 さて、ゲームは17ゲーム。
フラッグ戦、センターフラッグ戦、大将戦、ポリタンク争奪戦、ポリタンク押し込み戦、セミオート戦と、様々なゲームを楽しめました。



 そして終盤、人数調整でChicks史上初、チーム員が敵同士になるという事態に。その状態で5ゲーム程やりました。
結果、私が雑学王を2度仕留める結果となりました。雑学王ドンマイ。

 途中私が弾切れしたACRを放してセカンダリに持ち替えたところ、スリングから脱落しマズルから接地。
バレルが根元から緩むという事態が発生しましたが、さすがはQDシステムのACR。
もう一段締めこんだところ、改善しました。さすがにヒヤッとした。

 今回私は新しく買ったスカルマスクで参加しました。
なんでもSEALSの使用したものと同じモデルだそうな。
メーカーはGUARDER。
MW2のGhostの使うスカルマスクとは犬歯あたりのデザインが違うのですが、日本人サイズの頭の大きさとペイントの広さで気に入りました。
どうでしょう?



さて、次回の記事。
今度こそACRの鬼弱ポップの改善話をしようかな?

(一部写真はSPECIAL FORCE BLOG様から転載させていただきました)  


Posted by PhysisKITE at 12:17Comments(0)サバイバルゲーム