アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
QRコード
QRCODE

2014年08月02日

iPad miniを買いまして

 私はもっぱら携帯(iPhone)を携帯として使わず、外出先でのブラウジングやらゲームやらのために使っていたりします。
以前iPad第2世代を購入したことがあるのですが、その位のサイズになると持ち運びや取り回しに苦労して、結局またiPhoneにもどってきたりもしています。

 さて、その中間のサイズであるiPad miniならどうだろう、と考えたのがつい先週。
家電量販店で実物を触ってみて、しっくりきたのがつい一昨日。
そして手元にある、iPad mini Retina Wi-Fi+Cellular 128GBモデル グレー。

買っちゃいました☆

 さて、運用についてはここでは省略するとして... miniと言えどもそれなりのサイズがあるこのiPad mini。
これを入れて持ち運ぶ良いタクティコーなポーチを探してみました。
意識したのは、レッグリグのような感じで使えるポーチで、かつ最低限のものだけ入れられるようなシンプルで軽量なもの。

が... なかなか良いのが見当たらない...


 もう明日からでも運用を開始するので、早急に良いポーチが無ければ困るんだけど... ということで手持ちのポーチを改造してみることにしました。

 製作する素材としたのは、偶然家に放置してあったウエストポーチ。


メインブロックにはiPad miniが丁度入るサイズです。
これをこのまま使っても良かったのだけれど、先ほど述べたようなイメージに加工します。

 思い切って、バッサリ切断。
 
ウエストバンドの片側を残し、残ったストラップで腰に吊るような感じにしようと思います。

要所要所を縫って、元々付いてたバックルを移植。
  
ストラップは丁度いい長さで切り取って、ライターで端末を処理。
  
吊るす部分はコレで完成。

 バッサリ切ってしまった部分はこんな感じになってます。

ライターであぶってみたところ、そこまで毛羽立ちは気にならなかったのですが、流石に見苦しいので隠すことにしました。

使うのはストラップの残骸。
  
手縫いで簡単つけてからミシン縫いして完成。
元々の生地がやたら分厚い部分はうまく縫えず、ガタガタになってしまいました。この部分だけは手縫いでキメても良かったかも...

 完成。
  
タックインだとちょっと不恰好な感じですが、シャツやTシャツの裾を出していたり、上着を着ていたりする状態だといい感じにストラップ部分が隠れます。
そう、オフセットマウントしたホルスタや、コスタ・レッグリグのように...!!!
物を出し入れする際は、写真3枚目の用に引っ張り挙げてやる必要があります。メンドイ。

 まあ、元の素材であるウエストポーチがそこまでイカす物ではないので、仕方ないというかなんと言うか。
どちらにせよこれはあくまでも良いポーチが手に入るまでの繋ぎですし。ま、いっか。  


Posted by PhysisKITE at 17:59Comments(0)日記・雑記装備関連