アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
QRコード
QRCODE

2011年12月31日

ステッピング加工レールパネルの自作

 昨日は今から記事を書くと言って、そのまま寝ました。ごめんね。

 さて、今回の記事は、写真のレールパネルについてです。


クリス・コスタ愛用のこのパネル。ショップでちょくちょく探してはいたのですが、今まで見つけることができませんでした。
そこで調べてみたところ、コスタがナイツ製のパネルをボアサイトソリューションズ社という所で追加工してもらったものだそうです。
どうりで無いわけだ。

と、いうことでコスタの銃をまねようと思ったら選択肢は2つ。
 1.諦めて似ているのを使う
 2.自作して使う

本当は1を選びそうだったのですが、このパネルについて調べていく過程で、自作で再現している方も結構いることを知りました。

 よろしい、ならば自作だ。

 用意したのはこのパネル。


もともとKSC M4 CQB-Rについていたパネルです。
もっといいものを使いたかったけれども、これしかなかったので仕方ない。

 まず始めに、リブをガリガリ削り取ります。


10年ぶり位に使う彫刻刀、ナツカシス。なんか指を切らないためのガードもついていたので嬉々として使ってみた図。

 さて3枚全てのリブを削ったならば、紙ヤスリで慣らします。


どちらにせよ半田ゴテで穴ぼこにするので、そこまで神経質にやらなくてもいい作業だったりします。
ですがこれをやっておくと、仕上がった後にリブのデコボコがうっすら見えるようなことが無くなるので、やっておくといいかも。 

 ついに本作業、半田ゴテでプチプチとステッピング加工をしていきます。


蓮コr(ry

 一枚完成!


実物を見たことがないのでわからないけども、作業のコツとしては...

 まずランダムに点々とステッピング。
     ↓
 隅から埋めていくようにステッピング(パターンを一定にしないように)。
     ↓
 いろんな角度から眺めてみて、ステッピングが足りない所を埋める。
     ↓
 そして......完成!


 私みたいなド素人の加工でも、結構イイ出来だと思いませんこと?
興味がある方は是非やってみてはどうでしょうか。


 今回気づいたのですが写真が大きすぎました。次からは横860pix位までに収めておきますね。
後、写真に写っているキーボードやらスピーカーやらディスプレイやら、やたらショボイのですが気にしないでね。このPC帰省中にしか使わないサブ機なんだ...

 さて次回の記事は、我が愛銃ACRのポップ改良についてにしようかな?
PTSのACR使いにとっては興味のある話ではないかと思います。





同じカテゴリー(その他のカスタム)の記事画像
SureFireレプM600と実物リモートスイッチ
HUNTEDトラッカーナイフ(ダミー) 製作委託
サバゲ後の不具合処理、等々
SureFireとELEMENTのライト関連
Beta P-MAGマグのメンテナンスⅡ
Beta P-MAGマグのメンテナンス
同じカテゴリー(その他のカスタム)の記事
 SureFireレプM600と実物リモートスイッチ (2014-09-03 21:07)
 HUNTEDトラッカーナイフ(ダミー) 製作委託 (2014-01-09 20:06)
 サバゲ後の不具合処理、等々 (2013-12-30 18:30)
 SureFireとELEMENTのライト関連 (2013-09-29 00:04)
 Beta P-MAGマグのメンテナンスⅡ (2012-07-01 18:39)
 Beta P-MAGマグのメンテナンス (2012-06-28 22:43)

この記事へのコメント
ボアサイトのテクスチャー、
ミリブロでも一時期色んなところで
さんざんやってましたねぇ。
懐かしいw
Posted by hane at 2011年12月31日 12:52
おお、有名でしたかーw
やってみたら以外に簡単で驚きました。

いつかは実物を手に入れたいところ...
やっぱり全然違うんだろうなぁ。
Posted by PhysisKITEPhysisKITE at 2011年12月31日 12:59
どうも仲間②です
なんかネタあったら送るわ
Posted by M4 at 2011年12月31日 20:23
はいはいー
いつでもよろです。
Posted by PhysisKITE at 2011年12月31日 20:27
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。