アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
QRコード
QRCODE

2012年05月27日

G17のカスタム

 先週あたりに行った、マルイ G17のカスタムの紹介をしたいと思います。


これを元に、自分なりに使いやすいようにカスタムしました。


 まずは、ビフォーの写真。


撮 り 忘 れ て た 。

 マルイのG17Customからを取り外した物がフレームです。グリップの中が削れているのは、マグウェルとの高さを合わせるため。
スライドは通常のG17の物にトリジコン・ノバックタイプのレプリカ、そしてアルミアウターバレルです。


 では、まずスライドから。

  
スライドのビフォー。

  
シルバーのリコイルスプリングガイドと、アウター。

 ちなみにこのアウター、無駄にスチール製。見た目は確かにいい。
が、如何せん固すぎる。チャンバーブロックを言葉通り「ぶち込み」ました。
これはもう絶対に外せない自信があります(インナーバレル変える予定なのにどうしよう...)。

 
フレームは、純正からSTRATEGICフレームへ。
だがA-TACSマグウェル、てめーはダメだ(無駄に大きすぎるので...)。

 
マガジンキャッチはスチール製に。

 
トリガーはFulcrumトリガーのレプリカ。
トリガーバーじゃスチール製。これは変えておいた方が安心だそうですね。

 このトリガー、プルの幅を変えられるそうで、組み込み後絞り込みの幅がほぼ0になる位置に調整しました。
暴発の危険性云々はどうしてもありますが、それは先日組み込んだばかりのACR GBBも同じでした。
これでMAGPUL3訓の「一貫性」を図ろうというわけです。


ガーダーのシリアルナンバープレート。


どうせX300で隠れるんですけどね。

 このプレートを入れたことでかどうかはわかりませんが、若干フレームとスライドに隙間ができてしまいました。
しかし内装のネジが若干なめかけているので、怖くてもう分解する気が起きないという...

  
完成!

 コスタのG17との違いで大きな所といえば、アウターバレルがLONE WOLFタイプではない所でしょうか。
これは単純に、私がG17にサプレッサーをつけて運用しないからです。
 マグウェルはマルイ純正。これがあるだけでマグのインサートが大分違います。3種類ほど使ってみましたが、ぶっちゃけこれ(純正)が一番いやすかったです。


 さて肝心のACRですが、純正パーツが届くまで大きな進展は無いです。
買う予定の純正パーツは、「ハンマー・スプリング」「オート・シアー・スプリング」の二つ。予備もあわせて買おうかしら。

「ボルト(ローディングノズル周辺)」も買おうか悩んでます。何か大きく変わるでしょうか?

 取り敢えず今日はサンドペーパーの600、800、1000を追加購入。
前回、実は400しか使っていませんでした。
パーツが届くまでに、アッパーの研磨を仕上げておこうかと考え中です。

 

やたら映画「ハートロック」が見たくなったので今日はここまで。
最近二週に一回は見ている気がする。





同じカテゴリー(セカンダリ)の記事画像
GWの買い物
NB 40mm ピストル・グレネードランチャー
マルイ GLOCK17カスタム マグウェル交換
久しぶりにサバゲができそう
SⅡS製 GLOCK17 エアコッキング
G17の調整
同じカテゴリー(セカンダリ)の記事
 GWの買い物 (2017-05-05 15:39)
 NB 40mm ピストル・グレネードランチャー (2016-05-15 10:18)
 マルイ GLOCK17カスタム マグウェル交換 (2015-08-18 18:48)
 久しぶりにサバゲができそう (2014-08-30 22:50)
 SⅡS製 GLOCK17 エアコッキング (2014-04-12 12:33)
 G17の調整 (2012-05-29 22:49)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。