アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
QRコード
QRCODE

2013年01月03日

タクティカルスカート製作 後半戦

 前半戦で、ミシン縫いの準備は整いました。

 早速縫います。この時点で、ミシンなんて小学生以来でした。
 
ミシンで縫うには細かすぎる部分を除き、前と後ろをミシンで縫った図。
この後、手縫いでミシンで縫えなかった部分を補強しましょう。
この部分は表から見えない部分なので、精製した糸は使いません。

 余分なところを切り落としてしまいましょう。
 
後ろ側は、スリットとなる部分を忘れず残します。

 次は、切り落とした部分をロックミシンで整えます。
 
流石にロックミシンなんて使ったことがないので、母に手伝ってもらいました。母の手、荒れてるなぁ...
裾の部分は、この作業の前に写真の様にあらかじめ開いておきます。

後ろ側はロックミシンにかける前に、糊となる布でスリットとなる部分をはさみ、アイロンがけをして固定しておきます。
 
ロックミシンBefor After。
ちなみに、この部分も表から見えない部分。精製した糸は使いません。

 裾とスリットを仕上げます。

縫う工程の写真を撮り忘れてしまいました。
 
裾を仮止め。スリットは、写真のように縫えばおkです。

いよいよ大詰め。精製した糸を使って、ステッチをかけます。


 完☆成!
  
99%実物製品から製作したことを示すWOOLRICH のタグ付き。
製作中、邪魔になっても意地で取りませんでした。

 今回履いてもらうのは、こちらのモデルさん。
 
このモデル(扇風機)さんはケツがデカいので、スカートが若干不恰好に見えてしまいます。残念ですね。

 母に聞いたところ、一般的に動きやすいスカートというものはバックにスリットを入れるそうです。今回は7.5cmのスリットを入れてみました。
どちらにせよ、モデルさんがスレンダーで背の高めの人でなければ着こなすことが難しそうなスカートになった気がします...


.
.
.
...と、製作は完了したわけです。しかし時は過ぎ現在。
「やはりバックスリットではだめじゃないのか」
「原画に忠実にいくのではなかったのか」
と考えを改めていたりします。

「やる」とか「やらない」とか触れ回っていますが、「やる」方向で考察中。
おたのしみに?


サイドスリットの完成目標図。





同じカテゴリー(コス製作)の記事画像
シューター咲夜コス 完成報告!
シューター咲夜コス 完成報...?
シューター咲夜コス オークリータイプオーバーニーソックス製作
シューター咲夜コス オークリータイプヘッドドレス製作
シューター咲夜コス 製作計画 進捗状況③
タクティカルスカート製作 サイドスリット化
同じカテゴリー(コス製作)の記事
 シューター咲夜コス 完成報告! (2014-01-28 22:05)
 シューター咲夜コス 完成報...? (2014-01-21 22:03)
 シューター咲夜コス オークリータイプオーバーニーソックス製作 (2014-01-08 00:01)
 シューター咲夜コス オークリータイプヘッドドレス製作 (2014-01-07 12:59)
 シューター咲夜コス 製作計画 進捗状況③ (2013-12-21 20:08)
 タクティカルスカート製作 サイドスリット化 (2013-01-04 23:56)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。