アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
QRコード
QRCODE

2017年05月05日

おやおや、こんなものが届いたぞ? (半年前にな!)

 ご無沙汰しております。

サバゲも銃もさっぱりな最近ですが、このミリブロでは初のマルイ製プライマリ、MP7を購入した報告をば。

購入した...と言っても、もう半年も前の話なんですけどね!
記事書こう書こうと思っているうちに、半年も...oh...

 さて、気を取り直して。
今回は、ショップカスタム品というものに手を出してみました。
 
内容は、フォートレスさんのタイプHPにFETを組み込んでもらったもの。
と、言っても。正直どんな具合になるか想像つかないで注文したんですがね...

 今回ショップカスタムに手を出した理由として、現在使っている ARES HoneyBadgerの不調があります。
どういうわけか、ゲーム中突然モーターが反応しなくなるんですよ...
バッテリーを変えてもダメ。しかしマグを変えたりモーター付近をたたいてみたりするとしばらく撃てるようになったり...そうしてもサッパリ動かなかったり...

私は外装のタクティカルなカスタムとかを考えるのは好きなのですが、AEGのメカニカルな部分は正直さっぱりで、それならいっそショップに頼ってしまおう、そう考えたのが事の発端です。
(内部カスタムを極めようという気力が沸かない、という理由もあるのですが。)

 しかし購入したものの、未だ一回も発砲する機会を作れていないというのが残念なところ。
何故かというと、MP7をうまくゲームに組み込める装備品を持っていないからです。

今までのプライマリは、全てP-MAGで運用出来る物を選んできました。
しかし今回、違うタイプのマグで装備を組み直さなくてはいけなくなったわけです。

購入して半年もたっていますが、今でも装備は固まっていません。
MP7をメインで運用している人の画像を検索しまくったりして参考にしているのですが、自分にしっくりくるものはなかなか見つからず...そして私は形から入る系の人なので、装備がなければゲームもできない!

ううむ、どうしたものか。  


Posted by PhysisKITE at 01:03Comments(0)プライマリマルイ MP7 AEG

2016年09月22日

狩猟を始めてみる

 そういえば先月、もうほぼ勢いで、狩猟免許の試験を受けてきました。

網、罠、第一種猟銃(実銃・空気銃)、第二種猟銃(空気銃のみ)と四種ある狩猟免許ですが、今回受けたのは網と罠のみです。

 本当のところ、銃猟免許も一緒に取りたかったのですが、決断が七月下旬で、試験が八月下旬。
実銃を持てるようになるためには、狩猟免許以外にも警察署で銃の所有許可を事前に受け無けなければいけない上に、それが相当時間のかかる手続きらしいのです。

そのため、今回は受けられるのだけ受けて、銃は来年にでも……と。


 さて、実際狩猟にいって何を捕りたいかとか、全く考えずに受けてしまったわけですが、このままペーパーというのはもったいない。
取りあえずは猟友会に参加させてもらって、色々お話を聞かせてもらえたら……と思っています。


 狩猟のテキストを見ていて思ったのは、スズメって食べられるのか……ということ。どこにでもいるし、家の庭で取り放題じゃないか?

ということで、まだまだ未定ですが、今年の冬休暇やるかも。  
タグ :狩猟


Posted by PhysisKITE at 00:51Comments(0)狩猟

2016年09月18日

さよならLVOA-C

 ついこの前買ったばかりな気のするLVOA-Cなのですが、オークションに出してしまいました(現在すでに落札済み)。

一緒に使おうと思っていたパーツも含めて、落札価格48000円。
一度も撃っていないとはいえ、開封済み中古でこの値段なら、まだ次に繋げられるでしょう。

 というのも現在、銃を含めた私の装備は、小さく小さく・軽く軽く・無駄を省き動きやすい装備へとアップグレードを繰り返しています。
理由は、ゲーム中の体力の問題であったり、フィールドまでの移動間の荷物の大きさであったりと、いくつかあります。

 その過程で、LVOA-Cは長く重たい、流れに逆らう銃だったわけです。
「なら何で買ったんだよ!」というと、「コスタが使っててかっこよかったんだもん!」それだけですw

買った当初は、ゲーム「The Division」に出てくるカスタムを再現してやろうかなと考えていたりしたのですが、必要なパーツが現在ほぼ流通していなのが大半を占めていたりと、心が折れてしまったというのもあります。
いくつかの店に注文したパーツが、流通在庫切れでほとんどキャンセルされちゃうんだもんなぁ......
まあ、必要なパーツも多く、お金も相当かかりますしね。

 もちろん、ただ使わない銃を売っぱらっただけではありません。
これを元手に、新しい銃の購入を考えています(もちろん、現状のコンセプトに沿った銃を)。

 何を買うか、どういうカスタムをするかは既に決まっているのですが、それはまた次の記事に……  
タグ :KRYTACLVOA-C