アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
QRコード
QRCODE

2013年12月06日

WE ACR GBB 折れたストックの爪補修

 マンナンライフの蒟蒻畑が美味しすぎて更新する気が起きませんでした。

嘘です。


 さて、前回の記事でBKの爪の補修をすることにして、折れた爪を接着剤で張り付けてから出張に向かいました。
出張から帰ってきた後プラリペアで窪みを埋め、さっそく使用したのですが、普通に折れました。

あまりにあっけなかったため、やる気が一気に失われて、状況を更新する気も失っていたわけです。
現在は、無事修復できたものを使っている状況。どうにか、観賞用レベルには修復できたと思います。

 一回くっつけたのものが折れてしまい、再度くっつけている最中の写真。

現在はこの写真に見られる隙間をプラリペアでさらに埋め、ボコボコしているのを削ったものを使用しています。

不幸中の幸いか、こうして見てくれは悪いですが、実際に使用した時には補修部分はすべて隠れてしまうため、気になることはありません。
ただ、やはり一度折れてしまった恐怖が付きまといます。


 そのため、DEの爪を原型としてどこかの業者に委託、金属製の爪を作ってもらおうと思いました。

第一段階として、窪みをパテで埋めます。

ねるねるねるね。
初めてパテという物を手に取りましたが、思いのほか簡単に扱えるんですね(正しい取り扱いをしているかどうかは謎)。

こんな感じに埋めました。

ただ窪みに詰め込んだだけなので、膨張率とか本当に隅々まで詰まっているか等不安な点は多々あります。

一日ほど放置した後確認したところ、良い具合に固まってました。
後は、どこに委託するかになります。候補はいくつかあるのですが、どこがいいだろうなぁ...

ところで、また出張になります。次の更新は金属の爪の完成品を紹介できるといいですね。

※(もし金属の爪が完成して、多少多く作ることができたら、欲しいと思う人はどのくらいいるのでしょう?)




同じカテゴリー(プライマリ)の記事画像
ここ半年の活動記録・前編
おやおや、こんなものが届いたぞ? (半年前にな!)
さよならLVOA-C
KRYTAC LVOA-C
ARES HoneyBadger 外部・内部カスタム
最近の購入品「ARES HoneyBadger」
同じカテゴリー(プライマリ)の記事
 ここ半年の活動記録・前編 (2017-11-16 20:17)
 おやおや、こんなものが届いたぞ? (半年前にな!) (2017-05-05 01:03)
 さよならLVOA-C (2016-09-18 13:04)
 KRYTAC LVOA-C (2016-07-03 18:13)
 ARES HoneyBadger 外部・内部カスタム (2015-08-16 18:15)
 最近の購入品「ARES HoneyBadger」 (2015-08-15 11:40)

この記事へのコメント
私のも爪、簡単に折れてしまいました。
破断面を見れば完全に設計ミス、折れない方が不思議ですよね。

私は、2.4×16mmの皿頭タッピングネジ×2本で固定し、対衝撃性の瞬着で隙間を埋めました。
折れる前よりかなり頑丈になりました。
プラペリアで埋めればさらに。
但し折り畳むとネジの頭が見えて少し不格好ですが…。(ネジはもう少し細くても良さそうです)
チカラのかかる方向に突っ張る様に、少し斜めにネジ込むと良いです。
(工作が雑で、たまたま斜めになってしまったのですが、結果オーライでした。)

金属製の爪、結構需要が有ると思います。でも純正の爪はあまりに脆弱すぎるので、そのうちメーカーから強化改修パーツが出るかも…。

あと、M4タイプのストックチューブアダプターとケースディフレクターなんかも計画あるみたいです。
http://www.arms-cool.net/forum/thread-144586-1-1.html
Posted by kar98k793mm at 2013年12月09日 23:28
 どうもこんばんわ!

ネジを使って固定を強固にする方法は、私も友人から薦められておりました。
が、楽な方法に流れてしまいました...

最初にプラリペアで接着した時は、どうやら土台と爪の間が空洞になってしまったようで、それが折れた原因でした。
今回はその空洞もしっかり埋め、面で接着できたため、ちょっとやそっとじゃ折れなさそうです。

ストックパイプ!!! これは発売したら買いですな!
Posted by PhysisKITEPhysisKITE at 2013年12月11日 22:35
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。