アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
QRコード
QRCODE

2012年05月29日

G17の調整

 先日投稿したG17のカスタム。
最後あたりで「スライドが浮き上がっている」なんてことを書きました。「たぶんシリアルプレートのせい」みたいな事も書きましたね。

 今日は、その調整を行いました。



 実を言うと、そのまま放置して使おうと思っていました。
が、昨日一日中どうも落ち着かず、気持ち悪いをしたので修正しようと決意。やっぱり求めるのは完璧ですよね。


 しかし調整作業は難航しました。


シリアルプレートを外す
 ↓
動かすと、スライドが半分あたりで止まるようになる
 ↓
どこかが抵抗になっているはず
 ↓

取り敢えず削ってみる
 ↓
悪 ☆ 化

 ここいらで泣きそうでした。
そして、つい最近までこのGlockのために使ってきたお金のことを考えて、さらに憂鬱になりました。
遂にはMEUに乗り換えることまで考えました。
予算立てをしようとして、資金がないことを思い出しました。

 しかし最近コメントで頂いた、「絶対に動かすという気持ちが大事」というお言葉を思い出し。原因究明へ。

リコイルスプリングを外す
 ↓
変わらず
 ↓
バレルアセンブリを外す
 ↓
変わらす
 ↓
ガスシステムを外す(スライドのみ)
 ↓
変わらず

 結局のところ、スライドとフレームのかみ合わせがうまくいっていないだけでした。加えてどういうわけがスライドにも反るような歪みが。
この組み合わせが、リコイルスプリングで押せないほどの抵抗になり、途中でスライドが止まっていたわけです。

 元々このフレームがそうなのか、シリアルプレートがきついのに無理に組んだせいなのか、他の原因があったのか...
そこまではわかりませんでしたが、ここまでくれば私でもどうにかなると判断できました。

 スライドの、接触しているであろう付近を全体的に削ります。
フレームの金属部分と違ってプラなので、簡単に削ることができました。

 この段階まできてやっと余裕ができたようで、こんな写真が。


奥義 「U首をいけにえに捧げてウエスにするぜ」
※U首=紳士用肌着


フキフキ。


スライドだけでも、ちゃんとシャコシャコ動くように。


そんなこんなで、調整を終了。

 見た目的にも、動き的にも、満足のいく結果で終われて一安心。
実射は行っていないのですが、それはACRと一緒にやるつもりなので今はスタンバイです。はやくACRを完成させたいところ。

 まあ、新しくMEUを調達することにならずに済んだので、今後の生活もどうにか送っていけそうです。やったね!


 ところで今日の昼、WA純正SPの在庫を確認しようとWAマグナ・センターに電話をかけようと試みたのですが、3回中3回留守電に繋がりました。
お昼休みだったのかな...  


Posted by PhysisKITE at 22:49Comments(2)セカンダリマルイ G17 GBB